プライバシー対策

当クリニックの患者さんには、会社や家族に通院を知られたくないという方が多数おられます。そこで、本郷三丁目・植村クリニックでは、このような患者さんの気持ちに配慮して、プライバシー保持について細心の注意を払っております。他人に知られることなく、安心して治療を受けられる点では、当クリニックに勝る所はないと確信しております。

当クリニックのプライバシー対策は以下のとおりです。

1. 薬はすべて院内処方のため、調剤薬局に行く必要がありません。したがって、個人情報が薬局等に伝わることはありません。

2. 保険証を使用しない自由診療のため、個人情報が関係機関に伝わることがありません。保険証を使用しますと、レセプトという病名や治療内容を記載した書類が役所(社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会)に送られ、多くの職員によりチェックされます。レセプトは、その後、大企業では保険組合(通常、本社内にある)、中小企業等では社会保険事務所、国民健康保険では市役所などの保険課、共済組合では本庁や支部の組合事務所に送られ、そこで再度チェックされます。外部の業者がレセプトをチェックすることもあります。調剤薬局で薬をもらうと薬局からもレセプトが送られるようになります。

このような仕組みですので、保険証を使用すると、個人情報が多くの人の目にとまることになります。当クリニックには、大企業に勤務されてる方や、共済組合の保険証を使いたくないという方が多数、通院されています。国民健康保険の方でも、区役所や市役所に知り合いがいる等の理由で、保険証を使いたくないという方もおられます。

3. 保険証を使用しますと、後日、一定期間の受診状況について保険組合等から自宅や会社に通知の書類が送られてきます。家族に内緒で受診したつもりが、あとで配偶者や親にばれてしまう、ということが起こり得ます。この点でも当クリニックの自費診療なら絶対安心です。

4. 院長以外に職員はおりません。対面するのは診察する医師だけですから、秘密保持の点でこれほど安心なことはありません。

5. 完全予約制ですので、予約時間通りに御来院頂けば、他の患者さんと顔を合わせることは滅多にありません(全くないわけではありません)。また、診察の際、家族に内緒で受診されたかどうかもお伺いして秘密保持に努めております。

6. 当クリニックには診察券がないので、診察券を他人に見られる心配がありません。

7. 当クリニックは精神科や心療内科ではないので(神経内科です)、生命保険の加入や住宅ローン借り入れの際の審査も有利な可能性があります(保険会社によります)。

更新日:

Copyright© 本郷三丁目・植村クリニック , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.