心療内科・精神科を受診すると生命保険に加入できない?

意外と知られていないことですが、多くの生命保険では、心療内科や精神科に通院すると、1回受診しただけでも以後5年間、保険に新規加入することができません。心療内科、精神科に通院しているというだけで門前払いする保険会社はいくつもあります。この場合、あがり症で軽症だから大丈夫、などということはまず、ありません。

自分は生命保険に加入するつもりはないから関係ないと思っていると、住宅ローンが組めなくなることがあります。せっかく希望のマンションを契約できたのに、住宅ローンで加入が義務付けられている団体信用生命保険に加入できなくて、マンションを買うのをあきらめた方もおられます。

本郷三丁目・植村クリニックは、心療内科でも精神科でもない神経内科(内科の一領域)ですので、審査前に門前払いされるようなことはないでしょう。診断書が必要な時も、「本態性振戦」「生理的振戦」「多汗症」などの軽症の内科的な病名(これが本当の正しい病名です)をつけますので、審査もずっと有利になるのではないかと思います(実際に加入できるかどうかは、それぞれの保険会社の判断になります)。

更新日:

Copyright© 本郷三丁目・植村クリニック , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.