あがり症の原因

あがり症の原因は精神的なもの(内気な性格など)、と考える人が多いと思います。実は、私(植村院長)も以前はそう考えていました。しかし、多数のあがり症の患者さんの治療を続けていくうちに、あがり症には、身体的な原因であがり症になる場合と、精神的な原因であがり症になる場合があることがわかってきました。身体的な原因の代表は本態性振戦というふるえの病気、精神的な原因としては社交不安障害(社交不安症)という精神科の病気が挙げられます。

現在、あがり症=社交不安障害であるかのように受け止められていますが、それは身体的要因を軽視(あるいは無視)し、精神的要因を重視しすぎた結果であると私は考えています。当クリニックでは、ほとんどの患者さんが、以下に記すような身体的原因によるあがり症に悩まされています(大学病院や精神科病院のように比較的重症の患者さんが多い病院では、事情が異なる可能性があります)。 正しい治療薬を選択するためには、身体的な原因が主なのか、精神的な原因が主なのか、この点をしっかり見極めることが大切です。

身体的原因によるあがり症

本態性振戦などの震えに起因するもの

本態性振戦は、震えが主症状の神経内科の病気です。振戦は震えという意味で、手、声、膝、頭などが震えます。本態性とは原因が明らかにされていないという意味で、震え以外に症状はなく、通常、悪化することもありません。患者数は加齢とともに増加します。高齢者に発症する原因不明の振戦を老人性振戦ともいいますが、これも本態性振戦と同類の疾患と考えられています。

これらの振戦では緊張、怒りなどの精神的動揺により、震えが大きくなります。お酒を飲むと震えが改善する現象がみられます。ただし、沢山飲酒した翌日には震えは悪化してしまいます。家族内に同じような震えの症状の人がいることも珍しくありません。手の震えは字を書くときや、水の入ったコップを持つときなどにでやすくなります。

病気ではなくても強い不安・緊張、恐怖、寒さなどにより震えが誘発される場合があります。これを生理的振戦といいます。生理的振戦が強くなっって病的になったものが本態性振戦とも考えられます。

当クリニックの患者さんの約9割は、上記のいずれかのタイプの震えが原因になっています。どのタイプの振戦もβブロッカーが奏功します。補助的に抗不安薬を併用することもあります。

甲状腺の病気に起因するもの

甲状腺ホルモンが過剰に作られる甲状腺機能亢進症(バセドウ病)という病気があります。女性に多い病気です。甲状腺機能亢進症の人はドキドキと動悸がしやすくなり、手の指も小刻みに震えるようになります。この動悸や震えは緊張場面では、さらに悪化して、あがり症と同じ症状がみられるようになります。当クリニックでは、女性患者の数百人に一人程度、甲状腺機能亢進症の方がみられます。内科で甲状腺の治療をしっかり受ければ、通常、あがり症も消失します。たまに、甲状腺はよくなってもあがり症が続く人もいます。

その他

当クリニックを受診される患者さんの3~4%が、人前での多量の発汗(主に顔面)を主症状とした悩みをお持ちです。発汗恐怖症と呼ばれたりもしますが、大部分は皮膚科の病気で、正式には「限局性多汗症」といいます。汗止めを服用しておけば顔や頭からの汗はとまります。たまにβブロッカーが効く場合もあります。手汗にはどちらも効きません。

精神的原因によるあがり症

社交不安障害によるもの

社交不安障害とは、他人から注視されるような場面で極度に緊張し、失敗することを怖れるあまり、そのような緊張場面を避けようとする状態が長く続く精神科の病気です。緊張場面では、声や体が震えたり、多量の汗をかいたり、赤面などの、あがり症と同じような症状がみられます。脳内セロトニン神経のアンバランスが想定されており、SSRIと呼ばれるセロトニン神経の機能を高める薬が治療の第一選択薬として使用されます。

特にあがる場面が予定されてなくても、外出するだけで緊張するとか、あがるのが心配で休学や休職しているような場合は精神的な問題が考えられ、社交不安障害の可能性が高くなります。

ここで注意しなければならないのは、震えや多量の発汗などの原因となる病気 (本態性振戦や多汗症など) が別にあって 、その身体症状のために恐怖心が引き起こされている場合は、社交不安障害ではないので、SSRIを使用する必要性は特になく、身体疾患の治療を優先する必要があるということです。この点をしっかり鑑別していくことが、あがり症の適切な治療を行うために重要となります。

更新日:

Copyright© 本郷三丁目・植村クリニック , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.